紙幣計算機 FPA-150

液晶ディスプレイの採用で、見やすく、分かりやすく、使いやすく。

表示部には、視認性に優れた液晶ディスプレイを採用。
多彩な計数機能も完備。使いやすさが進化した、卓上サイズの紙幣計算機です。

ダウンロード(PDF:3.0 MB)

特長

  • キーを押すだけの簡単操作で、多彩な計数モードを使いこなせます。

キーを押すだけの簡単操作で、多彩な計数モードを使いこなせます。

■表示・操作部
①計数モード/金額・混合
混合紙幣をそのまま一括計数したい場合は、ここをプッシュ。合計金額・枚数はもちろん、金種ごとの内訳も確認できます。
②計数モード/金額・指定
1枚目に計数した金種を自動記憶。それ以外の金種が混入していた場合、計数をストップします。
③計数モード/枚数
枚数のみを計数するモード。あらかじめ整理された紙幣の枚数確認などにご活用いただけます。
④加算
計数待機中、画面下のファンクションキーを押すと、加算モードに。計数結果を累計加算して表示します。
⑤バッチ
指定した枚数で計数をストップするバッチ機能。[▲][▼]キーで10・25・50・75・100枚の中からバッチ枚数を選択します。また、1~200枚の範囲でバッチ枚数を追加登録することも可能です。

仕様

外形寸法 276(W)×268(D)×260(H)mm(突起部のぞく)
質量 約8.5kg

オプション製品

サーマルプリンター

外部表示器

関連製品

J-717S

運びやすく、保管しやすい。小さくても高機能な投票用紙計数機。

F-2500