PRODUCT
現金処理機・計算機

硬貨選別収納機

LHSシリーズ

計数、選別、確定、収納等硬貨入金業務の全工程を自動化できます。硬貨を計数と同時に選別し、金種ごとの枚数および金額を確定。入金業務全般の処理効率を高め、極力現金に手を触れずオフィスワークの省力化に貢献します。

01
01

ターミナル一体・独立運用タイプ「LHS-2030」

ターミナルには15インチカラー液晶タッチパネルを採用。データ集計機能により、現金の入金情報を管理できます。一括投入した混合硬貨を計数後、金種・汚損貨別に収納します。

02
02

ターミナル接続・システム運用タイプ「LHS-2000」

LHS-2030の高機能はそのままに、ターミナル部をのぞいたタイプ。インターフェース機能の搭載により、テラーズマシン等との連動が可能。さまざまなシステム環境に適応します。

03
03

ターミナル一体・混合硬貨袋収納タイプ「LHS-1200AD」

ターミナルには15インチカラー液晶タッチパネルを採用。混合硬貨のままダイレクトに袋収納します。

04
04

ターミナル一体・金種別硬貨袋収納タイプ「 LHS-2930」

ターミナルには15インチカラー液晶タッチパネルを採用。紙幣処理機とも接続できるため、コンパクトな入金管理システムが構築できます。 7 つの硬貨袋で大量の硬貨もスピーディーに処理が可能です。

05
05

ターミナル接続・システム運用タイプ「LHS-2900」

大量の混合貨を識別・計数・選別し、袋へ収納。収納部には7つの硬貨袋がセット可能なため、1つを汚損貨幣用や入金量の多い金種として活用できます。4.3インチカラー液晶パネル式ディスプレイを搭載しています。

寸法

LHS-2030:470(W)×710(D)×1270(H)mm 

LHS-2000:400(W)×710(D)×870(H)mm
LHS-1200AD:380(W)×750(D)×1377(H)mm
LHS-2930:850(W)×632(D)×1323(H)mm
LHS-2900:850(W)×500(D)×1015(H)mm

関連製品